いろいろな気象観測の方法について

気象観測は気象現象を観測することを指し、気象学の研究では基本的なものです。地球上で起きていることや地球の外など、色々な場所で行われていると考えられています。観測をしている理由には、防災や公共利用などに役立てるものとなっていて、天気予報などには必要不可欠になっています。気象観測の方法は機器を使い、自動的に気象を観測することが出来る装置を使うことになります。この機器によって降雨量や積雪量、気温や湿度、風といった様々なものを観測することが出来ます。地上の気象を調べるものや海洋を調べるもの、さらに海洋や高層気象を調べるものがあります。人間によって調べることが出来るもの、無人の機械で宇宙から調べることも可能です。人間が調べるときには国家資格としてとても難しい試験に合格することが必要で、合格率が一桁台です。この試験に合格した人が行うことができ、この資格とても難しいのですが取得するとプロとして活躍することが出来ます。

気象は様々な方法で観測している

調べる場所によって4つに分けることができ、地上で調べるのが地上観測です。海上で調べるのが海洋観測で、標高の高い空中や高い山で調べるのが高層観測です。また、人工衛星を使って調べるのが衛星観測です。地上や海洋の方法などは古くから続けられていて、衛星を利用した方法が始まったのは20世紀半ばです。調べる方法は科学技術の発展に伴って複雑になり、さらに多様化しています。地上では気温や湿度などを行いますが、その一つに視程というものがあります。どこまで先が見通せるかというもので、視程や雲の状態について人の目で実際に見ることで調べます。他の方法では気温は温度計、湿度は湿度計というようにそれぞれに合った装置を使って自動的に調べます。結果は毎日定時刻に日本全国だけでなく、世界に向けて発信されています。海洋での調査は地球温暖化を予測するためにも、海水や大気の二酸化炭素を監視しています。温暖化の影響で海が変化していく動きを把握して、変動との関わりについて調査しています。

日本の気象観測方法は進化している

高層観測では測定計を気球に装着して、空に上げて行っています。空に上げられた気球は上空で割れることにより、落下傘でゆっくり降りてくる仕組みになっています。定時刻に行われている調査方法で、取得したデータは天気予報のモデルを作る基礎となっています。気候の変動や地球環境の監視だけでなく、航空機の管理などにも使われます。レーダーの観測には様々な種類があり、それぞれが様々な観測しますが広い範囲を観測することが出来ます。レーダーのアンテナ部分を回転させ、電波を発することでかなり広い範囲の雨や雪を観測することが出来るのです。気象庁による気象観測では世界的な基準に従って行われていて、気象庁の他に全国一1万200箇所の地点で調査が続けられています。インターネットなどの発達により、個人的で観測した結果を自分から公開しているグループも居るほどです。